DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

iPhoneのバッテリーが持たなくなったときの対処法

   

最近iPhoneのバッテリーがすぐに無くなってしまうので、解決方法を調べてみました。

バッテリー交換の解決策

Appleに依頼する場合、具体的な解決策は以下の2つ。

製品保証期間(1年)もしくは、AppleCare+に入っていれば無償で交換(※)してくれます。

  • 配送修理
  • 持込み修理

配送修理

配送修理は、時間指定して自宅まで修理対象機を取りに来てくれるサービス。

修理期間の代替機についてなどは特に記載されていなかったので、希望される方は問い合せた方が良さそうです。

持込み修理

Appleの正規サービス・プロバイダか、Genius Barに直接持ち込んで修理をお願いするサービス。

配送修理とは違い、基本的にその場で修理対応してくれます。

万が一預かり対応になってしまった場合も代替機を貸出してくれるので安心です。

持込み修理の予約はAppleのサポートから驚くほど簡単に行なえます。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

私も先程試してみましたが、iCloudにログインして、現在地の住所を入力、ヒットした近場のサービスプロバイダを選択し、

時間を指定して完了、という感じでした。

バッテリー性能をチェックしておいたほうがいいかも

バッテリー交換の際には必ずバッテリー性能をチェックしておきましょう。

※80%以下でないと無償交換対応になりませんのでご注意を。

以下のアプリを使用することで簡単にチェックが可能です。

じわりじわり減っていくBattery寿命。

外付けのバッテリーチャージャーを買うよりも、保証期間内でしたらバッテリー交換してしまうのが圧倒的にお買い得ですから、

少しでも気になる方は是非ご確認を。

私も、今月保証期間が切れるということに気づき、先程慌てて修理予約しました笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

■ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - サービス