DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

ザ・デザイナー、に感じる違和感

      2016/10/12

他のデザイナーの人に会って、違和感を感じるときがあります。


そういうときって、だいたい絵に描いたようデザイナー、「ザ・デザイナー」の人が多いんですよね。

ザ・デザイナーっていうのは、例えば、

  • クライアントより、どちらかというと自己優先であり、アートに近いデザイナー
  • Macや3Dプリンターがなかった時代を愛し、現代のデザイナーのスキル不足をdisるのが好物
  • 基本的に発信能力に欠ける

というようなデザイナーの人々。

結構具体的に例を挙げましたけど、こういう人結構多いんですよね。

こういう人に会って話を聞いていると、だいたい一方的な自分押しの話になっていって、とてまつまらない。

なぜなら、自分が「デザイナー」であることを強く意識して、それ以外の要素を排除しているから。

だから型にはまったような「ザ・デザイナー」になってしまうんですよね。

会話していて、無駄に過去の著名デザイナーのうんちくが挿入されたり、小難しいデザイン用語が織り交ぜられたりするのも正直、めんどくさいです。

私もデザイナーですけど、同じデザイナーでも、

デザインの仕事もしているんですけど、ビールも作ってます

とか、

農業しながらデザインの仕事もやってます

とか、

河川敷でフェスを企画してます!普段はデザインやってます

というような人に強く惹かれます。

なぜならそういう人は、自分のデザインと他の領域をうまく繋げて、時流にも乗っていけている人だから。

「ザ・デザイナー」の人たちは基本、そういうことはできません。

だから、自分が活躍していた時代の思い出の中でしか生きれないし、変なプライドが邪魔して、殻を破れない。

そういう人に限って、「デザイナーで独立するのは難しい」なんて言ったりするんですよねぇ。

それは、あなたのことでしょ?と、言ってあげたい…!

これからは、さっき私が挙げたような地域や他の領域人々と一緒にデザインをして、「動き」を作っていける、そんなデザイナーが活躍していく時代。

せっかくデザインのスキルがあるんだから、自分でデザイナーの殻を作って引きこもるなんて勿体無いじゃないですか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

■ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - デザイン, デザインハック日記, フリーランス日記