DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

誰でもできるDIY!自作撮影ブースを改良してみた

      2016/09/28

仕事柄、たまに商品撮影をサクッと行わねばならないときがあります。

そんな時に便利なのが撮影ブース。撮影するもののサイズにもよりますが、価格は5,000円〜50,000円とまさにピンキリ状態。

しかも、こういうときには、この撮影ブースを使うといいよー的なレビューもあまりないので、私はもう作っちゃおうかなと考えて、実際に作ってみました。

それがこちら。001

作り方は以下のサイトを参考にして近所のホームセンターで材料を購入。

照明の設置の仕方が、なんとも言えない絶妙なバランスを保っているのが微笑ましいですね。

(実際に作ってみた記事はこちらから)

で、最近まで使っていたんですが、やっぱり一番のネックはこの照明でした。

一番手っ取り早いのはこうした照明器具を購入すること。

商品撮影ライト コンプリートセット (23306)
LS_DECO
売り上げランキング: 316,951

ですが、これもまたピンキリで、amazonのレビューを見る限り、安かろう悪かろうの世界なんですよね。

だからといって、ここに投資できる余裕はないし…

ということで考えあぐねていたのですが、まさかの解決方法を発見しました。

それがこちら!

トレーサー!!!!

そう、作画のときに使うやつです。

一般的な家庭に無いものなのでアレですが、うちにはちょうど一台あったのです笑

dh0927_maxon

これだと、光を満遍なくブース内に入れることができるのでまさにブツ撮り照明にぴったり!

ある程度の高さに設置するために、納戸にある本棚と棚の上に突っ張り棒を渡します。

下に自作撮影ブースを入れれば完成です。

設置した感じはこちら!笑

dh0907_set

まさか、トレーサーも自分が下を照らすことになるとは今まで思わなかったことでしょう…。

自作ブースのプラダンがいい感じに光を拡散してくれています。

さあ、撮影です。

dh0907_take

正面からの照明として、デスクライトにスーパーの買い物袋をくくりつけたものを使ってみました。

撮影してみるとこんな感じ。

dh0927_1

やはり、そこはトレーサーなので撮影用の照明器具にはかないませんが、光の当たり方が均一なのでそこらへんはPhotoshopでなんとかなります。

RAWデータを編集してみると、

dh0927_2

じゃーん!

結構いい感じに仕上がったんじゃないでしょうか。

我ながら、予算をかけずによくここまで作れたものだ…と、

しみじみ思っていると、

朝起きてきた妻がこの現場に遭遇。

dh0907_take

お互い目があって、

しばしの沈黙ののち、

すーっとどこかへ消えて行きました。

さすがに、朝5:00からこんなことやってたら言葉を失いますよね…笑

が、この撮影キットはこれまでで一番の出来!

みなさんも自宅にトレーサーがあったら是非試してみてくださいね!(ないか!)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

■ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - デザインハック日記