DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

実家に帰省して、仕事してみてわかったこと

      2016/08/23

フリーランスになったので、どこでも仕事できるだろうと思い、試しに実家で仕事をしてみました。

基本私は在宅で仕事しているので、好きな時に好きなように仕事をしています。

なので、今回は実家の長野で仕事をしてみようと試してみたのです。

世の中的には13日〜16日付近は皆盆休みだと思うのですが、試しに13日〜21日、トータル8日間帰省してみることに。

初めて実家で仕事してみて感じたことをつらつらと書いていこうと思います。

見たくないメールはオフするススメ

帰省して、ずーっと引きこもりだったら別にいいんですけど、一応帰省ということなので、少しはレジャー的な行為もするのです。

今年は上高地に一泊してきました。

IMG_6258

いやあ、きれいなところでしたー!

が、お盆明けだったこともあり、取引先などからどんどんメールが来るのです。

なんかの報告とか、事務連絡だったらいいんですけど、いきなりデータの催促のメールが来ているのを見ると、正直萎えます笑

じゃあ、メール見なきゃいいじゃん、となるのですがカメラで景色を撮ろうとするときや、

時間を確認するときにどうしても通知を見てしまうんですよね。

今回学んだことは、レジャーのときにはメールの通知を一時的にオフする、ということです。

せっかくの楽しい時間が台無しになりますからね…。

それから、可能なら事前に主要なクライアントに休業日だということをメールで伝えておくなど。

実家で仕事するのは向き不向きがある

家で仕事するのに抵抗がある人も多いと思いますが、実家で仕事するというのはそれよりもハードルが高いというか、気持ちの切り替えが大変でした。

今まで、年に数回帰省してきたのですが、その度、ダラーっと過ごして夜酒を飲み、寝る、という廃人化した生活を送ってきたので、そこに「仕事」という行為を挟んで行くのには最初抵抗がありました。

まあ、ただこれは在宅勤務同様慣れの問題なのですが。

クライアントワークをするには向いてない

先ほどのメールの話とも被るんですが、クライアントワークの場合、基本的には彼らのタイムラインに合わせた仕事スケジュールになってしまうので、就業日がずれてしまうと先ほどのように無駄なストレスを感じてしまいます。

自分発信で仕事をしている方だったら、それこそいつでもどこでも仕事できると思うんですけどね。

実家ならではの発見

普段はぐだーっとして終わる帰省ライフにも、実は小さな発見が隠れていたりします。例えば、地元の新聞を読んでみたり、お店で売っている特産物を見てみたり。

東京で暮らしていると発見できないことがたくさんあるので、何かのネタを探すのにはいい機会かもしれません。

実際、私もこんな感じで記事にしてますしね。

こんな感じで、初めての帰省ワーク?をやってみましたが、実家でもまあそれなりに仕事はできました。

環境が変わると、見方や考え方も少し変わるので仕事にも多少影響はあったかもしれません。

((まあ、急ぎの案件でない限り、無理してやる必要はないかなと思いますけどね。))

最後まで読んでいただきありがとうございました。

新在宅ワークのすすめ
新在宅ワークのすすめ

posted with amazlet at 16.08.22
星 知也
しののめ出版
売り上げランキング: 508,565

■DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

■ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - デザインハック日記, フリーランス日記