DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

ポケモンGOをやってみて思ったこと

   

ポケモンGO、やってます?

先週リリースされて、日本中が湧いたポケモンGO。

私も早速やってみました!

DH_0725

(写真は多摩川でゲットしたケーシィ。)

で、いくつか気づいた点というか、やっていて思った事を連々と書いていこうと思います。

田舎だと楽しめない?

既にニュースになっていますが、田舎だとポケストップが少ないだけでなく、モンスターの出現率も相当低いそう。

私の住んでいるところも東京ですが自然に恵まれた?郊外なのですこし気持ちが分かります。

やっとモンスターに遭遇した、と思ってもドードーやポッポばかり・・・みたいな。

が、都心の方に行くとあちらこちらにポケストップがあり、そこら中でルアーモジュールが使われているんですよね。

やはり都会に住む人のほうが圧倒的に有利だよなと思ってしまいます。

自分の住む町についての興味関心

ポケストップを探して周っていくと、その多くが史跡だということに気づきます。

今までなんとなく通り過ぎていったけど、良く見てみるとその町の成り立ちなんかが分かって面白いです。

キンシオ(わかるかな?)さんの番組みたいな感じ。

夜は不審者扱いされる

「ポケモンGO」”聖地”の公園に多くの人 名古屋

こういう、大勢の人がいる公園だったら良いのですが、郊外の住宅街、しかも普段は住人以外が歩かないような場所だと完全に不審者扱いされます。

日本ではいきなり発砲されたりすることは無いのでまだ安心ですが、余計なトラブルを起こさないよう気をつけたほうが良いですね。

非公表だから面白い

たとえば、CPという能力値の他に体重や身長がありますが、現時点ではこれらが一体能力にどのように影響をあたえるのか、まだはっきりしていません。

また、ジムリーダーとの関わりもまだ良くわかっていません。

やっと先ほどビジュアルイメージが公開されたところです。

これからどう発展していくのか、非常に楽しみでもあります。

参考:『ポケモンGO』各チーム リーダーのビジュアルがサプライズ公開【コミコン 2016】

バッテリー問題

ポケモンGOをやっている方ならすぐに気づいたと思いますが、このアプリ、バッテリーの消耗が半端ないです。

バッテリーを節約するには、

  1. 設定の「バッテリーセーバー」をオンにする
  2. AR機能をオフにする

という2つの方法がありますが、1の「バッテリーセーバー」はスリープ中にアプリがフリーズするバグがあるのであまりおすすめできません。

せっかくレアなポケモンに遭遇したのに、

フリーズ→再起動→消滅

ということも・・・。

モバイルバッテリーが無い方はこの機会に購入しておくことをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

■ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - その他, アプリ, 趣味の日記