DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

作業環境一新!MacBook Proを外部モニタにつなげてみた!

      2016/06/11

仕事で使っているMacbook Proを外部モニタにつなげて大画面で仕事ができるようにしました!

購入したモニター

MacBook Pro (Retina 13-inch、Early 2015)を仕事で使っているんですが、仕事の内容によっては画面の小ささが気になるのです。

そこで、自宅で仕事をするとき用に外部モニターを購入。

色々悩んだのですが、結局このモデルにしました。

EIZOです!

他にも良いブランドはありますが、やっぱり多くのクリエイターの支持を得ているEIZOにしてしまいました。

ディスプレイが綺麗なのはもちろんですが、純粋にプロダクトとしてのクォリティも非常に高い。

シャープでかっちょいい仕上がりで、無駄がない造形。

しかも、このディスプレイ、フレームの幅が5.3mmしかないのです。

EIZO FlexScan 23.8インチ カラー液晶モニター ( 1920×1080 / IPSパネル / 5ms / ノングレア/ ブラック ) EV2450-BKR

ae562a52-d6cd-4035-8619-6d899d1c84b2.jpg._CB317317651__SL300__

設置してみるとこんな感じ。

デスクとして愛用している無印のユニットシェルフの中にすっぽりと納まりました。

DH0608

背景の黒いマグネットパネルとうまく馴染んでいい感じ。

MacBook ProもHDMIで問題なく接続でき、作業環境が一気に快適になりました。

MacBook Proはクラムシェルモードにして使っているんですが、これって電源ケーブルを挿してないとクラムシェルモードにならないんですね・・・

初めて知りました。

イメージ的には、

家に帰ってきて、バッグからMacBook Proを取り出し、

HDMIケーブルをつなぐと、

デスクトップに早変わり!

っていうかんじで考えていたので、意外と接続するのに手間がかかるなと。

ただ、いつも使っているMacが大きな画面になるのは非常に興奮!うれしいの一言です。

Ratinaに対応させるなら、と一時は4Kモニタも検討しましたが、私の場合そこまで美しいディスプレイにしなくても別に問題ないので、このディスプレイで問題ないかなと。

価格も4万を切るモデルなので、私のように外部ディスプレイとして使う方にはかなりおすすめです。

是非、候補の一つに加えてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

■ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - デザインハック日記, 在宅ワーク日記