DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

デザイナーが転職で使うときのポートフォリオに求められること

      2016/05/19

デザイナーが転職や就活で使う、ポートフォリオについて

ポートフォリオは「作品集」ではなく「営業ツール」に近い

ポートフォリオ、みなさん持ってますか?

私、いざ仕事を取ってこようと大急ぎでまとめたんですが、相手に見せてもなんか手応えイマイチでちょっと落ち込んでいたんです。

自分としては、就活のときにやっていたのと同じノリでまとめていたんですけど、どうやら転職や業務委託の仕事を取るために必要なポートフォリオって、性質がちょっと違うんですよね。

就活のときに見せるポートフォリオってほとんどがビジネスになっていないまさに「作品」をまとめたものなんですけど、

転職などで使うポートフォリオはそうじゃなくて今までの自分の仕事を相手に紹介する「営業ツール」なんですよね。

見られるのは、今、そこにある作品のみ

就活のときのポートフォリオって、『この人はこんなことができるのか。じゃあ、これもできるかな?』という、作品の延長線まで汲み取ってくれるんですが、

転職で使うポートフォリオは、そこまで遠くまで見てもらえずに、その実績が会社にとって直近で利益に繋がるかということがまず優先されます。

なので、私個人が感じたこととしては、作品の中で「箸休め」的なものや「ちょっとしたギャグ」みたいなものは一切不要ということ笑。

なんというか、私はこういう「遊び」要素が好きなのですが、色々なエージェントの反応を見たところ殆どの人が興味を示してくれませんでした・・・。

とほほ。

まあ、もしかしたら普通につまらなかっただけかもしれませんが。

エージェントとしては、自分が企業に営業する前提で話を聞いているので、ある意味かなりシビアに意見を言ってくることもあります。

そういう意味でも、ポートフォリオは「営業ツール」なんだなと感じました。

ちなみに、私は商品デザインをメインに活動しているので、他の職種だとまた話が違うのかもしれません。

転職、もしくは業務委託の仕事を探しているデザイナーの方の参考になればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

■DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

■ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - デザインハック日記, フリーランス日記