DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

デザイン業務未経験でも採用してもらえる??

      2016/05/11

デザインの業務未経験でも、あきらめないこと。

ただの足切りライン、と考える

デザイン業務2年以上、とかよく見ますけど、

いつも不自然に思うのです。

なんで1年じゃだめで、2年働けばいいのだろう?と。

企業側からすると『とりあえず、2年くらい働けば、能力や組織人としてのスキルが身についているだろう』ということで、判別しやすいように区切りを設けているのでしょうが、

この「2年」という適当な縛りのせいで、行きたい会社を諦めるのはもったいないですよね。

転職する際に、サービスやエージェントを使って求人を探している方がほとんどだと思うのですが、担当者に、事情を説明して企業側に交渉してもらうのもアリかもしれません。

というのも、採用担当者も「2年」という区切りに特別こだわりを持っているわけでもなく、能力のある人材だったら積極的に採用したいと考えているからです。

デザイナーの場合、こうした時に便利なのがポートフォリオ。履歴書や職務経歴書で少し不利になっても、専門職であるデザイナーはポートフォリオで一気に挽回することが可能です。

(逆もありますけどね)

業務経験なしの場合

では、業務経験が全く無い場合はどうでしょうか。

さすがに、「業務経験◯年」と指定されている求人の場合、「業務経験なし」と書いてしまうと採用されるのは限りなく難しいです。

が、別に会社やデザイン事務所に入って業務をすること意外にも、デザインで実績を作ることは可能です。

例えば、

WEBデザインの業務経験がなくても、知り合いの飲食店のWEBサイトを作ってあげたり、

販促用のDMやメニュー、お店のロゴを作ってあげる・・・

など、いくらでも実績を作ることはできます。

「企業での業務経験◯年」と指定されていたら、不適合ですが、この場合もエージェントに相談して、交渉次第では採用に近づく可能性もあります。

条件交渉はきっちりと

書類選考に通過し、面接を繰り返していくと、最終面接前に採用条件の提示がありますが、

先ほど紹介したような業務経験の不足や、業務経験が無い場合、給与額がマイナスにされてしまうことがあります。

やりたい仕事をやる!ということも大切ですが、給与額の交渉はきっちりとロジカルに行いましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - デザインハック日記, 働き方