DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

デザインの求人で業務委託・在宅ワークの仕事を見つける方法

      2016/12/15

フリーランスでデザイナーをしている方の中には業務委託の仕事を探している方も多いのではないでしょうか。条件的には結構難しいのですが、今回は少しでもヒントになるような仕事の見つけ方の紹介です。

エージェントを使う

最もかんたんな方法はエージェントを使うことです。

以前、紹介しましたが、優クリエイト、エイクエント、レバテック、イマジカデジタルスケープ等、結構色々なサービスがあります。

優クリエイト

スクリーンショット 2016-05-07 6.52.00

エイクエント

スクリーンショット 2016-05-07 6.53.22

レバテッククリエイター

スクリーンショット 2016-05-07 6.54.51

イマジカデジタルスケープ

スクリーンショット 2016-05-07 6.55.44

ただし、デザインの仕事で業務委託の求人はかなり希少なので、なかなか見つけるのは難しいはず。そういうときには、担当者に事情を話して、正社員・派遣の仕事で業務委託に条件変更できる仕事が無いか調べてもらう、というのもアリだと思います。

条件に在宅勤務を追加する場合

さらに、条件に在宅勤務を追加すると、残念ながらそういう求人はほぼ皆無です。

エージェントでは、企業側に交渉しないかぎり難しいでしょう。

では、

デザイン・業務委託・在宅勤務

この3つを満たす仕事を探すにはどうすればよいか。

身近な人を思い出す

シンプルですが、自分の身の回りでデザインの仕事をもらえそうな所を当たるのが最も効率的。

というと、

「そんなにつながりがない」

「コネが無い」

などと思うかもしれませんが、例えば、

  • 学生時代にお世話になったバイト先
  • いつもよく行く居酒屋
  • 前に務めていた会社

など、身近な人を思い描いて、試しに話をしてみると案外仕事を回してもらえることもあります。

最初から、大きな仕事をもらうことは期待せずに、小さな仕事でも受けていくのがポイントだと思います。

現職の仕事を引き継ぐ

もし、まだ現職で仕事をしていたら、退職する前に今の仕事を業務委託として継続できないか交渉するのもアリです。

会社側としては、健康保険などのコストも抑えることができ、何より今まで通りの業務を維持することができるので、前向きに話を聞いてくれるはずです。

注意したいのが、きちんと業務委託契約書を交わさないと「偽装請負」とみなされることがあるということ。一方に不利な条件になってしまわないよう、事前にちゃんと確認して契約書を交わしましょう。

(参考サイト)
個人事業主に対する業務委託の正しいあり方|偽装請負とならないためには

最後まで読んでいただきありがとうございました。

DESIGNHACKとは

デザインのあんなことやこんなこと、デザイナーの働き方などについて取り上げているブログです。

人気記事一覧

・無印良品のユニットシェルフをデスク代わりに購入してみた→快適すぎワロタ

・『常に頭の中に入れておきたい ”良いデザインの10ヶ条”』

・itunesで購入した着信音(トーン)が消えた!?・・・その後の話

ポートフォリオのフォーマット配布

ポートフォリオを作りたい・・・でも、めんどくさい。

そんな方向けにポートフォリオのフォーマットを配布しています。

nanairo

詳しくはこちら!→『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

管理人:mentaro

 - フリーランス日記