DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

ツールが変わると思考も変わる

   

「ツール」と「アウトプット」の関係のはなし。

万年筆

例えば、普段使う筆記具を万年筆にしてみる。

力の加減や傾きによってインクの出方が変わってくるから、きっといつもと違う文字やイラストが書けるはず。

ちなみに、同じ万年筆の中でも、そのときの気分や状況に合わせて使い分ける作家も。

書くのに苦渋しているときには「武蔵」を握って根性で書き、頭が冴えわたっているときは「狂四郎」を握ってさらに冴えて書き、ちょっと大量に書くときはバタくさくてタフなヤツ、「サム・スペード」で書くというわけです。(引用:『作家と万年筆』

スマホ

今までPCで行っていた文章を、スマホで書いてみる。

そういえば、最近はレポートをスマホで書く大学生も多いんだとか。

デスクトップの前でカタカタやるのは「やってる感」があって良いけど、ちょっと疲れちゃうから、

スマホですらりと文章を書いていくのは案外よいかも。

・・・と思い最近スマホでブログを書くことも増えてきた。

立体にしてみて考える

アイデアを紙に書くだけじゃなくて、実際に手を使って形にしてみる。

粘土とか、発泡スチロールとか、何でも良い。

材料がなかったら、そこらへんに落ちているダンボールでも良い。

立体にしてみると、今まで見えなかった部分が見えてきて、それまでとはまた別の考え方もできるようになる。

ペンタブを、使わない

あえて、ペンタブを使わないでマウスで描いてみる。

すると、自分もびっくりの、予想外の線が・・・。

私もたまにやりますが、これがまたいい味が出るんです。

スクリーンショット 2016-03-27 9.06.56

手が痛くなるけど。

行き詰まったら、ツールを変えてみる

文章でも、アートでも、デザインでも、何かを表現することは同じこと。

もし、創作をしていて行き詰まったら、使っているツールを見直すことで、思わぬ突破口を見いだせるかもしれません。

 - HACK, デザイン