DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

デザインで気をつけたいこと:ちょっとした「気づき」に注意せよ

   

先日、店舗設営の現場に立合いました。

現場では予想外のトラブルが連続・・・そこで学んだことを記しておきます。

サイズの違い

印刷したパネルを壁面に固定する際に、まさかのサイズが合わないという事実が発覚。

パネルは金属製なので、カッターで簡単に切れるような代物ではありません。

仕方なく、時間ギリギリのところで業者に返送してカットをすることに。

原因は、店舗側と設計サイドの図面の共有ができれいなかったこと。

どの図面のどの寸法が最終仕様なのかという重要なところがあいまいなまま、進行していたようなのです。

最終の図面に手描きで寸法の修正をしていた、とのことなのですが、

一応流れを外で見ていた私も、たしかにそういう部分があったな・・・と。

そこで問い合わせをして、きちんと情報共有しておけば、このような間違いは防げたはず。

当時は『ん?』というような感じだったのですが、数値が書いてあるだけで何の指示もなかったので、

スルーしてしまっていたのですが、こういうほんの僅かな「気付き」って大切ですよね。

ディティールにこそ注意すべき

例えば、什器の表面処理や、ガラスのエッジ処理、ライティングの角度や照度など、

ディティールの部分にこそ、気をつけないと思わぬ失敗を生むこともあります。

例えば、『クライアントに、ここまで説明しなくても大丈夫だろう』

甘く見ていると、設営終了後に

「なんでこうなったんだ!」

とクレームを受けることになったり。

最終の仕様や設計意図をきちんと共有するのも、大切なポイント。

伝える力が問われるところですね。

伝え方が9割
伝え方が9割

posted with amazlet at 16.03.18
佐々木 圭一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 247

 - HACK, デザイン