DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

今更ながら、AirDropの便利さに気づきました

      2016/03/15

かなり今更感がありますが、古いiMacのOSを最新にしてから、他のデバイスとAirDropでデータ共有できることに気づいて早速試してみました。

使ったMacはこれ

  • iMac (21.5-inch, Mid 2010)
  • Macbook pro(Ratina, 13inch, Early 2015)

仕事用のiMacを最近最新のOSにアップデートしたので、色々機能を試せるようになったのです。

そこで、まず、Macbook pro(Ratina, 13inch, Early 2015)上で試してみたところ、相手先のiMac (21.5-inch, Mid 2010)がなかなか見つからず・・・

よく見ると、スクリーンショット 2016-03-14 14.14.45

というのが出てきたので、「古い機種のMacを検索」と押してみました。

すると、無事iMac (21.5-inch, Mid 2010)のアイコンが画面上に表示されました。

あとは、このアイコンに共有したいデータを直接ドロップするだけ。

試しに2GB程度のデータを共有したのですが、5分程度(?)で完了しました。dropboxとか、firestorageを使うよりは手軽かな、という印象。

もともと、新しいMacとiPhoneはAirDropで共有できていたのですが、古いMacとも繋がるのは結構ありがたいです。

というのも、出張などの外出の際に、普段メインで使っているのがiMacからデータを取り出したりする機会が多かったので。

(今まではfirestorageをメインに使ってました)

古いMacでも、OSさえアップデートしておけばAirDorpで共有できるので覚えておくと良いでしょう。

 - HACK