DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

スーパーのチラシ風フォントを自作してみた

   

スーパーのチラシでよく使われるようなプライス表記のフォントをデザインしてみました。

例えば、こういう感じのやつです。

スクリーンショット 2016-02-27 17.32.05

文字の縁や影をいくつも重ねて、「数字」と「円」と「税込」表記入り。

これ、いくつもオブジェクトを重ねて作ると管理が非常にめんどくさいので、一つのフォントで「アピアランス」上で塗りと線を設定しています。

アウトラインプレビューで見るとこの通り。

スクリーンショット 2016-02-27 17.38.10

複雑な重なりがなくてスマートな作りになってます。

塗りと線の設定は「ウィンドウ」→「アピアランス」から。

フォントの場合、ツールパレット上で塗りや線の設定をしても「アピアランス」では管理不可能なのでご注意。

こんな感じの設定にすると、冒頭のイメージになります。

スクリーンショット 2016-02-27 17.32.36

ちなみに、「円」と「税込」というテキストも一緒にすれば、価格入力のときにスムーズなので、「文字」の「ベースラインシフト」や「トラッキング」を調整して縦組みに見えるように工夫しています。(すいません、詳細は省略)

文字の大きさはそれぞれ個別で設定。

以上のようなものを作っておけば、値段が幾らになってもスムーズに「円」「税込」が動いてくれるので、かなりスムーズにデータ作業ができるはず。

スクリーンショット 2016-02-27 17.32.56

おそらく、こういうのがあらかじめセットされたチラシ用のフォントも売ってるんでしょうが、少し工夫するだけですぐに自作可能なので、

普段チラシやDMなどをデザインする機会がある方はこういうデータを作りためておくのもアリかも。

 - HACK, デザイン