DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

小さい会社の問題は人と時間とカネ:「人」編

   

小さい会社にいると、普通ではあり得ないような色々な問題に直面します。

役割やフローがあいまい

小さい会社って、基本的に色んな色んな枠組みが不足しています。

人事考課制度や、有給制度などの基本的な枠組すら、曖昧なところって多いんですよ。

大きな会社にいると水や空気のように「当たり前」だったものが、小さい会社には当然のようにありません。

そんな状態なので、「人」の役割や業務フロー、あとは「上下関係」なんていうのも非常にあいまい。

で、もっとも厄介なのが、その不足した枠組みに「人」の問題が絡んできたときなのです。

不足した枠組みと人の問題

例えば、「AさんがBさんに作業を依頼する。」という、おそらく業務上最もシンプルな行為にも「人」の問題が発生します。

たとえば、こんなことが毎日繰返されているわけです。

***

ある日、Aさんは社長に依頼された作業をBさんに依頼しました。

ところが、

AさんとBさんを管理する(していると思っている)Cさんが途中で割って入ってきて、

「なんでそういうことをこっちに伝えてこないんだ!」

とこれを一喝。

AさんとBさん的には、社長からの指示に従い良かれと思って仕事をしているので、当然「は?」となるわけです。

こういうケースが続いていくと、次第にCさんが孤立していくか、「Aさんは仕事ができない」などという、小さい会社ならではの「人の問題」に発展してきます。

***

実はこれ、原因はCさんだけにあるではなく「不足した枠組み」にあるのです。

上下関係や業務フローがきちんと定まっていないから、社長含め社員が皆「阿吽の呼吸」で作業しなければならない。

だから、組織のトップの社長ですら誰に指示をすべきか適当な判断ができておらず、結果的に上記のような「人の問題」に発展するのです。

こういう話はホント、いくらでもあります。中にはもっとシンプルでひどいものも・・・

また機会があったら取り上げていこうと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 - HACK, デザイン, 働き方