DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

自分ストックフォトのススメ

   

最近勝手に、「自分ストックフォト」と名付けていろんな写真をコツコツ蓄積するのにハマってます。

自分ストックフォトを作っていく

デザインをしていると『こういう素材、欲しいな』と思うことがありますよね。

できるだけ作業を効率化してコストカットするために、商用利用可のフォトストックとか使うと思うんですけど、あんまり「これだっ!」と思うものに出会えることってあまりないんです。

打率が低いんですよね。

実は『こういう素材素材無いかなぁ』と永遠とネットサーフィンするよりも、自分で外に出かけて行って撮影したほうが早いんじゃないかって最近思う時もあります。

例えば、最近すごく良い味わいの樹皮を見つけたので思わず撮影。なんかちょっとおしゃれな迷彩模様みたいに見えませんか?

IMG_4944

自分のイメージに限りなく近い素材なんて、そもそも既成素材から見つかるわけが無いわけなのです。

冒頭で書いた、自分がなんとなく気になる対象をキャプチャーしておくというのを、色んな対象に広げておけば、自分が自由に使えるストックフォトが完成します。

撮影者は自分だから、それこそ好みは合うし著作権なんて気にする必要ありません。

対象は、なんでもOK!

例えば、気に入った形の雲があったら撮影する、とか、雨の雫をひたすら撮っていくとか。どちらも、そのときにしか撮影できない素材です。ネットで検索しても出てくるわけがない。

あとは、いざそれを「広告で使おう!」と、発展したとして細かなレイアウトや解像度の問題に直面しても『こういう感じで写真を撮って下さい』とカメラマンにお願いすることもできます。

これ、あるとないとでは大違いです。

多分、やってることは一昔前のスクラップブッキングとかとあまり変わらないのだと思います。こつこつ貯めていくと唯一無二のストックフォトが完成!

自分ストックフォト、はじめてみませんか?

 - HACK, デザイン