DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

「今日会社辞めてもいいんだぜ」くらいな態度でいたほうが、物事はうまく進む

      2016/02/02

前、テレビでドイツに嫁いだ女性のドキュメンタリーを観たんですが、日本人とドイツ人の勤勉さという共通項を指摘した上で、でも、ドイツ人は日本人よりずっと物事を「ハッキリ」言うと言っていたことが印象に残っています。

ドイツに限らず欧米人の多くは「YES」「NO」がハッキリしていますもんね。

日本人の曖昧な感覚ってそれはそれで趣があっていいんですが、ビジネス、特に交渉の場ではハッキリしていることってとても重要です。

日本の場合、周囲の和を乱さない事が美徳とされて教育されてきたので、なかなか仕事で本音をぶつけ合うことって避けがちですよね。

でも、やはり思ったことや感じたことは素直にその場で相手にぶつけてみるべきでないでしょうか。

もしそれが「空気を読めない発言」だとしても、筋さえ通っていればどんどん声を大にして言うべきです。

これは私の経験上の話ですが、もう仕事辞める!と心に決めたときあたりから、仕事で何でも好きに言えるようになりました笑

結局、その会社辞めてしまったんですが、辞める!と決心してから数ヶ月の間は思ったことや感じたことはほぼ気にせず口に出していました。

まあ、開き直りってやつですね。

でも、この開き直りのおかげでずいぶん周囲にもいい刺激が与えられたと、勝手に思ってます。

案外「いつでも会社出て行くよ」という適当なやつのほうが安定志向の社員より面白いこと考えられるのかもしれませんね。

 - HACK, 働き方