DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

特に知名度もないデザイナーが脱サラして、独立する方法

      2016/02/01

私は、とくに知名度もない、おそらくスキル的にも平均的なデザイナーです。そんな私ですが、無謀にもこれから会社をやめて独立しようとしています。

今までの経緯

地方の普通制高校を卒業して、都内の美大に入学。卒業後は都内の雑貨系のメーカーに就職して5年間グラフィックデザインと製品デザインの仕事をしてきました。

転機は、先に退職した上司に新しく始めるジュエリーブランドの手伝いをしないかと誘いを受け、ちょうど業務のマンネリ化で仕事に飽き始めていたのでこれを承諾。

自分が5年間で培った経験を活かせると思い奮闘しましたが、結局、経営者とウマが合わず。。。

今に至ります。

そして2016年現在、独立しようと考えています

今までブログでデザイナーの仕事論・独立論みたいな記事も書いてきましたが、いざ独立しようとすると、スイマセン、まじで恐いです。

お金の問題。

これが一番デカイですね。税金の事を考えると、今の収入以上の金を稼がないといけません。

まあ、ただ悩んでいてもしょうがないので、自分がデザイナーとして仕事をもらうために必要な方法を真面目に考えてみました。

ランサーズ

まず、これが最初に浮かびました。

コネがなくても仕事が得られる最短ルート。

別に、ランサーズについては説明不要だと思います。ただ、デザイナーの「小遣い稼ぎ」ならまだしも、「ガチで稼ぐ」ためのツールとしてこれが使えるかは正直微妙。こんな記事もあります。

ランサーズやってみたけど地雷クライアント案内所にしか見えない

コンペ方式とプロジェクト方式、タスク方式など、いくつか仕事の種類は選べるのですが、正直これで確実に稼いでいくのはかなりマッチョな気がします。(過去の記事でおすすめしてたかもしれないけど、ゴメンネ!)

各種転職サイトで『業務委託』の仕事を探す

これだと、小口の仕事を受注して自分に適したワークスタイルで取り入れていけます。各種転職サイトで「業務委託」にチェックを入れて検索してみてください。

一番いいのは、「人の紹介」

経験豊富なうちの奥さん曰く、人の紹介で仕事をもらうのが一番安全なんだそう。まあたしかに、ランサーズとかで仮にいい仕事をもらっても、どこのだれかわからない相手を仕事をするわけですから、そりゃ知人づての方が色々得しますよね。

実際私も、今まで仕事で関わってきた人にたくさん会って、まずは色々話をすることから始めてみようかと思っています。

さて、どうなることやら・・・

 - HACK, 働き方