DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

デザイナーが独立しよう!と決めてから、最初の最初にすべきこと

   

唐突に、妻に「俺フリーランスになるわ」と宣言したら、「きちんと諸々確認してから言うように」と諭されました。そこで、自戒の意味も込めて、デザイナーが独立しようと決心してから最初の最初にすべきことをここに記します。

フリーランスとして独立を考えている私。

最初は「もう誰からも束縛されずに生きれるぞ!」と喜んでいたのですが。

妻から諭され、少し調べてみると、現実はとても厳しいことがすぐに分かってきました。

税金や年金

そう、今まで会社が天引きしていた税金を、自分で申告しなければいけません。(確定申告)

また、それまで企業が加盟していた厚生年金を継続するか、国民年金へ加盟することが必要になります。

いずれにしても、普段あまり考えていなかった領域の話で、特に住民税など独立して間もなく「想定外の支出」が発生することが考えられるので、もろもろ事前に良く調べておいたほうが良さそうです。

参考:第1回 知らなかったでは済まされない!税金の基礎知識

仕事を紹介してくれそうな人をピックアップ

まず、第一に、稼がなければいけません。

今すぐ独立しても十分に生計を立てていけるくらい、自分に顧客がついていればいいかもしれませんが、そうでない場合(私)、まずは今まで関わってきた人や会社を書き出してみると良いと思います。

それは、

これからも力を貸してくれそうな、取引先の会社や、

仕事を紹介してくれそうな人

一緒に学んだ友人でも良いし、以前仕事を一緒にした同僚でもいい。

別に、親や親戚だって良いはずです。

なんとなく、頭の中で理解はしていても、書き出してみると思い出す人や会社もたくさんありますよ。

自分ができることを確認

何をやりたいかも重要ですが、現状の自分のステータスを再確認することも必要。

使えるソフトウェアとか、得意な領域とかそういうスキル面はもちろん、今まで経験してきた業務や自分の強み(例えば人当たりがよいとか)そういうことも改めて自覚しておいた方が、実際に仕事を始めるときに「不得意な仕事」をフィルタリングできて良いと思いました。

ポートフォリオをまとめ直す

就活や、転職するときに使っていたポートフォリオを見直します。新しい作品があればそれらを加えてアップデート。

自分がこれからとっていきたい仕事を中心にまとめるのが良いでしょう。

あ、もしポートフォリオを作るのがおっくうだったら、以前私が作ったポートフォリオのフォーマットがあるのでそれを使ってみてくださいw

『すぐにできる!誰でもできる!ポートフォリオ作成セット「NANAIRO」』

※WEBではなく、紙orPDF媒体前提のポートフォリオのフォーマットです。

※プロダクトorグラフィックデザイナー推奨。

ググってみて、先人から学ぶ

特に税金の問題や、収入面の問題、仕事をどう取ってくるか、など、まず自分の状況に近しい人を探して、ググッてみましょう。

Q&Aなど見てみると、非常に辛辣なコメントが寄せられていますねぇ・・・笑

『もう、会社辞めてやるわ!』

『自由を求めて独立する!』

という勢いは非常に大事だと思います。何ごともまずは「エイヤ!」とやってみるのが大事。

でも、一旦呼吸を整えて、独立後の現実的な環境を見つめてみるのが一番大切なのだと感じました。

 - HACK, 働き方