DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

macbookproの新機能「感圧トラックパッド」に気づいてみた

      2015/12/18

最近macbookproを新しくして、新機能に「感圧トラックパッド」があるということは知っていたのですが、クリックが2段階できるっていうだけで、特に使いこなしていませんでした。

そこで少し調べたところ、結構使えそうということが判明。

まず、「システム環境設定」の「トラックパッド」で、「強めのクリックと触覚フィードバック」と、「調べる&データ検出」両方にチェックを入れておかないと、この新機能があまり試せないので、こちらをチェックしておきます。

スクリーンショット 2015-12-13 20.20.20

試してみたのはWEB上でキーワードを強めにクリックして調べる機能。

スクリーンショット 2015-12-13 20.50.12

(基本、Safariじゃないとダメっぽいです)こんな感じで、強めにクリックするだけで今まで副ボタンを押して→「〇〇を調べる」を選択してコマンドを実行することができます。地味ですが、慣れると便利かも。

また、日付をクリックすると、こんな感じで即座にスケジュールをカレンダーに追加できます。

スクリーンショット 2015-12-13 20.53.29

 

これは普段Macのカレンダー機能をメインに使っている人だったらかなり便利かも。

他にも色々あるんですが、いくらやってもよくわからなかった機能も。

たとえば、

地図の回転:マップでコンパスを回して北に合わせたときに反応があります。(引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT204352

これ。

感圧トラックパッドのクリックは、物理的にトラックパッドが凹んで「カチッ」とさせているのではなく、感圧センサーによってエンジンが振動することで擬似クリックの感覚を伝えているんだそう。(その証拠に、電源を切ったらクリックできなくなります)だから、これからはトラックパッド自体が振動できるわけだから、iPhoneみたいに情報をお知らせしてくれるのか!と感動したわけです。

で、試してみたんですが、これがうんともすんとも言わないわけでして。

まあ、普段マップアプリ使わないからいいんだけど。

でも、誰か使い方知っている方がいましたら教えて下さい・・・。

感圧タッチトラックパッド、ただカチカチと鳴るだけじゃなくて、地味ながらも使い勝手を向上させる新機能と言えそうです。こういう細かな部分まで気が配れられているのが、Apple製品の良さの一つでもあるんですよね。

MacBook Pro RetinaディスプレイMGX72J/A 2600/13.3
APPLE(アップル)
売り上げランキング: 13,839

 - HACK, デザイン