DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

良いアイデアを出すために必要な、たったひとつのこと

   

デザインをするときはもちろん、様々なアイデアを練るときに必要なこと。

良いアイデアを出すために必要なことはなんでしょうか。

たくさん情報をインプットすること?

様々な角度から考察すること?

とにかくたくさんアイデアを出すこと?

・・・それらももちろん大切なことですが、何より大切なことは、思い浮かんだアイデアを

実際にやってみる

実際に聞いてみる

実際に作ってみる

・・つまりとにかく「実際にやってみる」ということ。

というのは、じつは発想段階ではアイデアの良し悪しなんて、誰にも分からないからです。

ちょっとややこしいですが、発想段階の「アイデア」って、まだ発芽するかわからない「種」みたいなもんなんですよね。

周りの土や温度、肥料や水によって発芽するかしないか変わってくるんです。

しかも、どう発芽して育っていくかすら、やってみないとわからないことも多いのです。

つまり、実際に試さずにアイデアの種の段階でああだ、こうだと悩んでいるのは、

種屋で

「これは本当に発芽するだろうか」

「何センチくらいの茎になるんだろうか」

「何グラム収穫できるだろうか」

と腕組しながら悩んでいるのと同じことといえるでしょう。

少しでも、「なんかいいかも」と感じたらさっさと土に植えてしまうのが、良いアイデアを生み出すための最大のポイントなのです。

 - HACK