DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

サクサク仕事できてるときにこそ、気をつけたい3つのこと

      2015/11/30

サクサク仕事しているときというのは気持ちいいものです。でも、サクサク仕事をしているときにこそ、気をつけるべきこともあります。

自分や周りを盲信してないか

誰だって自分が一番可愛いのは当たり前。自分の仕事っぷりに自信を持てるのは素晴らしいことですが、定期的に本当に自分の姿勢や効率が良いのか立ち返ってみることも忘れずに。「当たり前」に思っていることを見つめ直すと意外とほころびが見つかるものです。自分はもちろん、仕事で関わる周囲の人々にも同じことが言えます。

無意識に変化を遠ざけていないか

環境や思考などに変化を持たせることは誰でもエネルギーがいること。

大きな変化を伴うときには大きな決断が必要になり、そういうときには用心深く思考するのですが、実は注意しなければいけないのは小さな決断をするとき。

小さな問題だから、またいつか考えればいいや、と無意識のうちに決断を先送りにして変化を遠ざけていくと、いつか必ず仕事に良からぬ影響を与えます。

周囲の声に耳を傾ける

問題がないときにこそ、周囲の声に耳を傾けるべきです。

案外、仕事のことを知らない人の意見というのも、ときには参考になることもあります。

よく「何にも知らない女房が」とか、「センスがないあいつが」とかいうセリフを聞くことがありますが、そう思ってるのは自分だけで、物事の核心をつくようなヒントが潜んでいるときもあるのです。

変なプライドや固定概念は捨てて、素直になることが大切。

サクサク仕事をしていて、良い状態がずっとキープできればいいのですが、キープしたりもっと良い状態にしていくには現状維持では絶対に成し得ません。

サクサク仕事できている調子の良いときだからこそ、身の回りの点検を怠らないようにしていきたいものです。

 - HACK