DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

Lancers(ランサーズ)の簡単シミュレーションを試してみた

      2015/10/14

ふと気になって、Lancers(ランサーズ)の仕事依頼用のシミュレーションを試してみました。

スポンサーリンク

ランサーズといえば、デザイナーの立場で見ると「仕事探し」というイメージが強いですが、一般的には「安価で効率よく仕事を発注できる場」な訳ですよね。

スクリーンショット(2015-10-11 11.47.49)

ふと気になって、発注者の立場で色々サイトを見ていたら、「見積もりの簡単シミュレーション」っていうのがあったので試してみることに。

これがシミュレーター。

スクリーンショット(2015-10-11 11.36.44)

希望の制作物をチョイスします。

予算・納期を選択。

「一番人気」というのがあって、選定するときの目安になります。

選択すると、過去の実績を参考にした提案数の予測、事例のイメージが表示されます。

たしかに、ざっくりとですけどだいたいどのくらいの予算・納期に設定すればよいか分かってくる気がしますね。

例えば、ロゴの仕事依頼の場合、

スクリーンショット(2015-10-11 11.30.46)

予算50,000円

納期7日だと・・・

提案予測数は85点

一方、

スクリーンショット(2015-10-11 11.31.19)

予算85,000円

納期21日に設定すると

提案予測数は163点

倍近くになりました。

もちろん、あくまで予測なので、この数が集まるとは限りませんが、おおよその目安にはなります。

ちなみに、仕事の依頼内容によってシミュレーション内容もだいぶ変わってくるみたいです。

たとえばWEBデザインの依頼を選択すると、直接依頼画面に。スクリーンショット(2015-10-11 11.44.29)

デザインの報酬金額などの目安がわからない発注者からすると、便利なツールですね。

仕事の発注側の気持ちを考えてデザインをすれば、仕事獲得率も上がる・・・かも・・・?

ランサーズ

 - サービス, デザイン, 働き方