DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

オフィスに通わなくなって気づいたこと…「最寄り駅」の再発見

   

オフィスに通わず自宅で仕事をし始めてもうすぐ3ヶ月。

慣れてない頃は結構ストレスなこともあり、何度かここでも取り上げたんですが、最近は非常に心地よく快適に仕事ができるようになりました。

そこで、最近気づいた衝撃的な事実があるんです。

それは、自宅の「最寄り駅」が実は違っていたということ笑

スポンサーリンク

定期券の存在

定期券って実は結構我々の思考を停止させているんですよ。

例えば、「渋谷へ行こう」と思った時、定期券を使えば切符代が浮かせられるから、基本そのルート以外候補からは除外されます。

でも、定期なんてもう持っていないので、その都度自由に考えることができます。

検索の仕方の変化

以前は、定期の始発駅を起点に、乗り換えアプリで目的地までの道のりを検索していました。

しかし、今は定期が無いのでこの前ふと思いついて、Google Mapsで検索してみたんです。

すると、今まで考えたこともなかったルートで目的地へとナビゲートされるのです笑

そう、自宅の「最寄り駅」がこのとき変わったのです!

徒歩20分の駅ではなく、実は近所のバス停だったという笑

都内に行くのに、今までずっと鉄道を使っていたのですが、実はバスのほうが早かったなんて・・・。

何より満員電車に遭遇しなくて済むのがサイコーです。

時間の正確性は欠けますけどね。

最寄り駅まで徒歩〇〇分、のバイアス

そもそも、自宅の「最寄り駅」を認識するのは、不動産で物件探しをしているときなんですが

基本、最寄り駅って「バス」より「鉄道」の方が大きく扱われている(というかバスってスルーされている気もする)ので、

今で気づかなかったんですよね。

おそらく、定期があったらまだ気づいていないと思います。

いつもの目的地への道のりも、一度Google Mapsで検索してみると、新鮮な経路が示されるかもしれませんよ。

ほな、さいなら!

こちらの記事もおすすめじゃ!

・リモートワークをし始めたら、いろんな「境目」が無くなったという話

・始めてみないと分からない、在宅勤務の意外な敵は〇〇だった!

・最近、「失敗」してます?仕事で「失敗」することについて考えてみた

 - HACK, その他