DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

デザインを始める前に気づくべき、デザイナーの第六感について

   

デザインを始める前に気づく異変、みたいなものってありますよね。 「なんか、少ししっくりきていないな」という、デザイナーの第六感みたいなもの。

スポンサーリンク

「なんか楽しくデザインできる気がしない」というふうに言い換えることもできるかもしれません。

アイデア出しの段階で、 「あ、すごいワクワクする!」 「早くデザインしたい!」 と思えるものだと、

実際に作業を始めてもスムーズに一気に仕上げることができるのですが、

はじめに言ったような「違和感」が少しでもあると必ず途中でつまずいてしまうのです。

「楽しい仕事」は「良いデザイン」を生む

前の会社で、デザインを上司から振り分けられたとき毎回必ず

「どう?楽しく仕事できそう?」と聞かれていました。

そう、周りのデザイナーを見ていても、

楽しくやれている人のデザインって、もれなく良いデザイン、良い仕事をしているんですよね。

「楽しく」なければ「楽しく」すればいい

もし、与えられた仕事が興味を持てない面白みに欠けているものでも、案外どこかに「楽しめる」要素ってあるはず。

そうやって突き進んでいくと仕事の幅も広がっていきますよね。広げれば良いというものでもないですが。

話を元に戻すと、デザインを始める前に少しでも「楽しい」イメージが湧かなかったら、

それはヒヤリングやディスカッションが足りないか、自分自信が納得できていない部分があるということなので

クリアしたほうがいいですよ、ということ。

楽しいことの連続で時間を埋めていきたいですからね。苦しみながら仕事するなんて嫌だし。

ほな、さいなら!

こちらの記事もおすすめじゃ!

・デザイナーでも読みやすい:「小さな会社こそ、高く売りなさい」でスモールプレミアム戦略を学ぶ

・デザイナーだからセンスがある、という間違った考え方について

・デザイナー必読・・・!『ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー』

 - HACK