DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

覚えておくと便利!複数のイラレデータを一度にPDFに書き出す方法

      2015/04/06

プレゼン資料などをPDFで作成する際、複数のイラレデータをPDFに変換しなければならない場合があります。

一つずつ、ドキュメントを開いてPDFに保存するのって、結構手間がかかりますよね。

今日は、そんな時におすすめな方法をご紹介。

スポンサーリンク

Adobe Distillerを使う!

Adobe Distiller(アドビ ディスティーラー)とは、PDF編集ソフトAdoe Acrobatに付属するPDF編集ソフト。

Adobe_Distiller_X_icon

source:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/86/Adobe_Distiller_X_icon.png

 

今回は、「複数枚のイラレデータを、手間を掛けずにPDFに変換/保存する」という作業を行うために使ってみます。

保存形式=EPS

まず、イラレのデータはすべてEPS形式で保存すること。

スクリーンショット(2015-04-05 16.59.49)

今回は試しに5個のEPS形式のイラレデータを作成しました。

スクリーンショット(2015-04-05 17.03.08)

これら複数のEPSデータを、直接「Adobe Distiller」にドラッグ&ドロップ。

desktop

すると、自動的にAcrobat Distillerが起動して、一気にすべてのEPSデータをPDFデータに変換して、保存してくれます。

スクリーンショット(2015-04-05 17.03.28)

これで、複数のデータを一度に処理することが可能。また、文字化けなどしない、安全で軽量化したPDFを作れる点も魅力。

詳細設定をいじれば、より理想的な形式のPDFを作ることが可能なので、用途に応じて使い分けることもできます。

ただし、EPS形式でないとこの方法は使えないので、あらかじめEPSで保存する習慣をつけておくといいかも。

ほな、さいなら!

こちらの記事もおすすめじゃ!

・知らなかった!Photoshopで超簡単にExif情報を消す方法

・iPhone6の画面が割れた!・・・その後の対処と修理について

・知っておくと便利:Macマウスのボール部分の反応が鈍くなったときの対処法

 - HACK