DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

みなさんどうしてます?自宅で働くメリット、デメリットについて考えてみた

      2015/01/28

最近自宅で仕事をすることが増えてきたんですが、「自宅=楽」であることは間違いないです。毎朝満員の通勤電車に乗らなくて済むし、経費も節約できますし。

でも、その半面『あ、このままだとまずいよな』と思うこともあったので今日はその両方について少し考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

メリット

まずは良い面から。それはもう、なんと言っても

「今まで無駄にしていた時間が、手に入る」

とうこと。

通勤時間が往復で2時間かかっていたとしたら、その分の2時間がまるっと手に入ってしまうということ。

これはすごいことですよ。時給3,000円で換算したら、1日で6,000円月132,000円分の時間を得ることになるんですから。

その浮いた時間で、例えば運動をしてもいいし、本を読んでも良い。もちろん仕事をするのもあり。

それと、職場でのめんどくさい気遣いや付き合いからも脱出することが可能。案外、こういうところで疲れていません?

つまらない雑談に仕事のリズムを狂わされることも少なくなります。(もちろん、LINEやSkypeで横槍が入ることはいくらでもありますけどね)

デメリット

そして、悪い面。挙げていくと・・・

  • 運動不足になりやすい
  • 情報量が圧倒的に減る
  • 物が増える
  • 公私がミックスされる違和感

という感じ。メリットに比べるとちょっと小粒な悩みではありますね。

「運動不足」というのは、外に出ない分歩数が圧倒的に減るので、ここを補わないと次第にデブ化してしまう危険性を感じました。イスをバランスボールに変えるっていうアイデアもありますけどね。

「情報量」に関しては例えば、電車内で見ていたスマホアプリのニュースの閲覧、コンビニに寄る機会、周りの人のファッションを見る機会、…etcなどなどが減っていきます。特にクリエイティブな仕事をしている人にとって、インプット量の不足は致命的なので、意識的に外に出る機会を作ることも必要かもしれません。自宅だけでなく、近所のカフェとか使いやすい場所を探しておいた方がいいかもしれませんね。別に公園とかでもいいし。

「物が増える」。これ、ちょっと嫌なんですよね・・・会社に置いてあったサンプルとかが次第に自宅に増えていく・・・これは最小限に抑えたいところ。

「公私がミックスされる違和感」→例えば、自宅で奥さんがご飯を食べている横でSkypeしながら会社のMTGをする・・・なんてこともあるかもしれません。まあ別に慣れればどうってことないのかもしれませんが、ちょっと違和感ありです。

どうでしたかね?

私自身、まだこういった柔軟な働き方に慣れていないのかもしれませんが、これからも色々研究していこうと思います。

なんかアドバイスあればください。

ほな、さいなら!

こちらの記事もおすすめじゃ

・まだ会社で仕事してるの?これからのデザイナーの働き方

・あなたは大丈夫?「ノマド化」するときに気をつけたいこと。

・デザイナーに最適なコワーキングスペース、MONO

 

 - HACK, その他