DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

中途半端な状態で、デザインをプレゼンするなんてプロの仕事じゃない

      2015/01/08

デザイン提案をするときに、

『良いか悪いか分からないけど、もしかしたら良いと思ってもらえるかも( *`ω´)』

という状態で、クライアントや上司にデザインを見せるのは、まじでクソだと、昔上司に言われたことがあります。

スポンサーリンク

料理と同じ

まあ、よく考えたらそれって当たり前のことなんですよね。だって、寿司屋に行って

「美味いかどうか分かんないけど、とりあえず握ってみたから食べてみて」

なんて言われたら、

ハァ?( ゚д゚)

ってなりますよね。
作ってる本人が分からないものなんて、誰も口にしたいと思うわけないし、そもそもその仕事はプロとは言えないでしょう。

デザインもまた然り、です。

少しでも疑問が残っていたり、自分的に消化不良で納得がいっていないクォリティで、

『案外、見せたらウケたりして、、、』

なんていう甘い考えをするのはやめましょう。

・・・はい、これ自分にも言い聞かせてるんですよ笑。

100%満足がいくデザインができていれば自ずと自信をもったプレゼンができるはず!

2015年も頑張りましょー!

ほな、さいなら!

こちらの記事もおすすめじゃ!

・デザインをしていて、「しっくりこない・・・」というときの対処法

・「心は形を求め、形は心をすすめる」にデザインを見る

・「どのくらい」ではなく「どのように」切るかを提供する、それが美容師の仕事だと思う

 - HACK