DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

自分を型にはめたら終わり!デザイナーだから、という変なプライドは捨てるべき

   

自分を型にはめて考えてしまうことは、自ら未来の可能性を放棄しているということなのだという話。

スポンサーリンク

私はデザインディレクターとして、半分独立したような環境で仕事をしているんですが、デザインなどの企画業だけでなく、製造管理、販売計画なども業務の一部になっています。こういうふうに書くと、自慢げに聞こえるかもしれませんが、要は他にできる人がいないからやっている訳です笑。
でも、実現したいことのためにやっているので、別に苦痛ではありません。
もしここで、

「俺はデザイナーなんだから、そんな製造管理なんてやらんわ!」

となると、もうその人はデザイナー以外の可能性に全く結びつかないまま一生を終えることになります。

もちろん、プロフェッショナルなデザイナーとして稀有な存在を目指すのであれば別ですが、インハウスデザイナーがその昔「スーパーデザイナー」として崇め奉られた時代とは今は違うわけで。

その道一本で食っていく、ある種職人のような覚悟が必要です。それが出来ないのであれば、
「俺はデザイナーなんだから、そんな製造管理なんてやらんわ!」
なんて、ちょっと意味わかんないというかなんというか…。
自分が実現したいことがあるなら、そのために今までやったことのない領域にも手を広げないといけないことは多々ありますし、よっぽど無理なこと以外はチャレンジしていくのが当たり前だと思います。

変なプライドは捨てましょう。

…まして、「俺はプロダクトデザイナーだから、グラフィックのことはよくわからん」なんて言う人は今後、仕事無くなっていくでしょうね。

ただ、実現したい何かがないまま色んな事をやっていくと唯の器用貧乏になってしまうので、今やってることが本当に必要かどうかは見極めたほうが良いと思います。

まあ、そういう話でした。

ほな、さいなら!

 - HACK