DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

まだ会社で仕事してるの?これからのデザイナーの働き方

      2014/12/15

デザイナーの働き方について。

スポンサーリンク

少し前からノマド・スタイルの働き方が注目されてますよね。時間や場所から開放されて自由なスタイルに憧れを持つ方も多いのでは無いでしょうか。でも、「正直どうなの?」ってなんとなく疑問を持つ方も多いと思うんです。

流行りのアレですか、ふーん(´・ω・`)

みたいな笑

でもね、ちょっとよく考えてみてくださいと。

  • 今の自分の業務って、定時に行う必要あるのか
  • 毎日デスクに座る必要あるのか

・・・オフィスの中だからといっていいアイデアが浮かんだり、効率よく仕事できるとは限りませんよね。

むしろアイデアなんて帰り道とかに湧くことのほうが多いし。

要するに、ただ会社で決められていることに従って毎日定時にデスクに向かっている、ってことだけなんですよね。

会社のルールうんぬんは置いておいて、仮に場所や時間から開放されたら、

  • 通勤時間にあてていた時間を自由に使える
  • 同僚との不必要なコミュニケーションが減る
  • アイデアをすぐに実行できる
  • 会社は、オフィスの賃料・社員の交通費を節約できる

というメリットが生まれます。

通勤時間にあてていた時間を自由に使える

例えば、通勤時間に片道1時間、1日に2時間使っていたら、その時間がまるまるフリーになるってこと。

時給3千円の会社員として算出すると1日6千円、1ヶ月13万8千円、1年で165万6千円分です。

同僚との不必要なコミュニケーションが減る

同僚とのコミュニケーションもちろん必要ですが、一定以上のコミュニケーションって面倒じゃないですか?

どうしてもミーティングしないといけないときはSkypeで通話して、事務連絡はLINE。

あとは月に数回実際に会って報告とか相談するようにしていれば十分な気がします。

アイデアをすぐに実行できる

「定時」という考え方があるから、時間外にアイデアを思いついてもすぐに実行しなくていいや、となってしまう。

本来ならば、すぐに実行すべきですよね。そんなものに縛られず深夜でも早朝でもやりたいときに仕事すれば良い。

まず「定時」という考え方を捨て去る必要があります。

会社は、オフィスの賃料・社員の交通費を節約できる

もはやオフィスとして決まった場所がなくても、その都度何処か場所を借りて集まれば相当経費節約できます。

業種によっては難しいところもあると思うんですが。

いかがですか?チャンスがあれば会社に交渉してみるのもいいかもしれませんよ。

実は私もそろそろノマド・スタイルを取り入れようと計画中です。

・・・ほな、さいなら!

こちらの記事もおすすめ

・デザイナーブログのススメ まだブログやってないの?

・LINEスタンプクリエーター必見!伝わりやすいLINEスタンプを作るためのヒント

・未来はすぐそこまで来ている!世の中を変えてしまいそうなプロダクトたち

こちらの本もおすすめ

ノマド・ワークについて興味のある方は、こちらの本がお勧めですよ。

強いチームはオフィスを捨てる
早川書房 (2014-04-01)
売り上げランキング: 1,105

 - HACK