DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

ラーメン屋に学ぶ!笑 LINEスタンプを売るために、意識したいこと

      2014/12/14

最近、近所に新しいラーメン屋さんができたんですが、オープンから今に至るまでお客さんの入り状況を見ていたら、あることに気づいたんです。

スポンサーリンク

集客だけでは商売はうまくいかない

オープンしたのは周りにラーメン屋がなくて、住宅街もあり、しかも駅から近い場所。他の飲食店はあるので、飲食のニーズは一定数あるといえます。
オープン当日からしばらく割引サービスなどもあり、毎日長蛇の列で、かなり混雑していました。

でも、オープンから1ヶ月くらいの間に客足はだんだんと少なくなっていき、今では昼時でも待たずに入れるくらいにまでなっています。
なんか・・・この現象見覚えがあるぞ・・・と。
しかも最近自分の身の回りでも起こっていたぞ・・・と。

 

 

Σ(゚Д゚;

 

 

名称未設定-1

そう、LINEスタンプの売上と、このラーメン屋の客数(見た感じ)の減り方、多分グラフにしたらこんな感じです。

出だしは好調、しかし徐々に減っていくという・・・。
商売の基本、「集客」「販売」「顧客化」っていうステップがあるんですけど、このラーメン屋の一件で、いかに「顧客化」が重要なのか実感しました。
美味しかったら「また来たい」と思うわけです。つまり、客のリピート率を少しでも上げていけば、先ほどのグラフのようには推移しないはずです。

もちろんLINEスタンプは一人1個しか買えないので、リピート率なんてものは存在しませんが、ここで「顧客化」と同じ要素になるのが「送受信数」だと思います。

要は、買った後気に入って何度も、何度も使ってくれるか。
やっぱり、

  • 使い勝手がいい
  • 誰かに見せたくなる
  • 自分のキャラを投影できる

スタンプって、何度も使っちゃいますよね。
購入してくれた100人の人が、皆「顧客化」すれば、ありがたいことに100人のセールスマンをGETしたことになるんです。

立地が良く、競合店舗がいないブルーオーシャンで、集客力に恵まれていても、「顧客化」できなければ先はない。

そういうお話でした。LINEスタンプもまた然り・・・っていう。

ちょっと強引だったかなー笑

ま、いいか。

ほな、さいなら!

こちらの記事もおすすめ

・LINEスタンプの売上が低迷してからやった5つのこと

・LINEスタンプクリエーター必見!伝わりやすいLINEスタンプを作るためのヒント

・これは便利!LINEスタンプシミュレータ

ラーメンが食べたくなった方はこちら

マルちゃん正麺醤油味 5P×6個
東洋水産 (2011-11-07)
売り上げランキング: 753
マルちゃん正麺豚骨味 5P×6個
東洋水産 (2011-11-07)
売り上げランキング: 3,020
マルちゃん正麺 塩味 5P×6個
東洋水産 (2012-08-06)
売り上げランキング: 35,722

 - HACK, LINEスタンプ