DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

ぶっちゃけ、美大に行かなくてもデザイナーになれるよね?今だったら。

   

今どきデザイナーになるために美大とか専門とか行くのってどうなのかと、正直思うわけです。

スポンサーリンク

美大・専門の必要性

私自身、美大を卒業しているのですが、バカ高い(東京都内の某大学)学費の割に、それに見合う有益なものが本当に得られたのかというと若干微妙な気がします。デザイナーを志す上で必要な資格も免許もいらない訳ですから、別に中学生だってデザイナーになろうと思えばなれるんですよね。

こんなんを見ているとそう思います。
今どきの中学生のスキルがあれば、バイトするより高い収入で仕事できてしまいそう。
あと、こんなニュースも話題になっていましたよね。→『7歳のLINEスタンプ作家・はなかさん 「いか」スタンプ、有名人の利用に「びっくりして、目がぱちぱち」 売り上げは自転車に』

「それでも、大学4年間で学ぶことは大いにあるはず。」

という声も聞こえてきそうですが、それは何ですか?
授業でしょうか、教授との会話でしょうか、それもとサークル?あるいは、工房が使えないとか?

残念ながら、どれも大学に行かずとも自分次第で代替できてしまうものばかりな気がするんですよね。

授業は、興味のある分野をTEDとか、Wikipediaで学習していけば良いし(というか、美大時代、授業に毎回出ている人なんてほとんどいなかったし)、教授との会話なんて今もう95%くらい忘れてるし、興味がある人がいれば直接会いに行けばいい。サークルなんて学外でもいくらでも参加できるし、工房だっていくらでも街中にあふれてる。

なのに、なんで美大に行くのか。美大に行かないといけないと思うのか。

それは、

ただ単純に思考停止していただけ・・・。
「デザイナー=美大とか専門に行かないとなれない」と思い込んでいただけではないでしょうか。

なので、このブログを見ている高校生未満のデザイナー志望の人がもしいたら、是非一度頭をリセットして考えてみたほうがいいと思います。

「大学」や「専門」というシステムに依存せずに、実は自分の好きなことを好きなだけできる世の中になっているのですから。

こちらの記事もおすすめ

・無名の弱小デザイナーが、どうやって独立して生きていくか

・デザイナーのための副業ガイド!

・いっそのこと会社辞めて独立する?これからどうやってデザイナーとして生きていくかを考える

 - HACK