DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

仕事でキツいことを言われても、感情的にならない方が良い

      2014/11/04

仕事で少しキツく言われても、変に感情的になってしまうのは良くないなー、と最近思ったんですよね。

スポンサーリンク

これは別に「仕事に感情を持ち込むな!」ということじゃないんですけどね。

例えば、上司から少しキツく言われたとしても、そのこと自体に変に落ち込んだりせず、淡々と自分の仕事の仕方を変えていけばいいんだと思います。「あー、そういう考え方もあるのか」くらいにサラッと受け入れる勇気というか。

もちろん、その話の内容に納得できればの話ですが。

これ、言うは易しで慣れないと結構大変なことなんですけどね。
慣れないうちは、一通りキツい話が終わった後に頭の中をリフレッシュして、話の一部始終を俯瞰し、話を整理していくのがいいでしょう。
もし、納得できないことばかり言われ続けていたら、体に毒ですからすぐに仕事環境を見直しましょう!笑
「なんで自分にだけこんなにキツく話すんだ?」「自分のことが嫌いなのか?」なんて、変に感情的に考えてしまうと、あまり良い方向に進めないはずなので、こういうときには一旦話を俯瞰してみるのがオススメです。

少し話題になった、アドラー哲学本『嫌われる勇気』なんかを読んでみると良いかもしれません。
「ああ、そっかそれでいいんだ!」ってなるはず。

嫌われる勇気
嫌われる勇気

posted with amazlet at 14.11.01
ダイヤモンド社 (2013-12-16)
売り上げランキング: 34

 - その他