DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

「りゅうごん」に続け!埼玉県秩父市のイメージキャラ募集!

   


Warning: preg_replace() [function.preg-replace]: Unknown modifier 'd' in /home/users/2/main.jp-designhack/web/wp-content/plugins/jetpack/class.photon.php on line 332

埼玉県秩父市が市のイメージキャラクターを募集しています。

スポンサーリンク

概要

募集内容

imagechar_hp2
「秩父市」をモチーフにしたイメージキャラクターのデザイン

  • 独自性があり、市民の皆さんに親しんでもらいやすく、またインパクトのあるデザインであること。
  • 秩父市らしさのあるもの。

応募条件

  • 今後の展開がしやすいキャラクターであること(各種広報物、秩父市ホームページ等で活用するほか、印刷物のみならず、記念グッズなど幅広く活用できるデザインとすること 着ぐるみなどの製作も予定)
  • 自作の未発表作品であること(同一作品が他のコンテストへの応募・個人的使用もされていないものに限る)
  • キャラクターは単体で1つの作品となっていること
  • ほかに使用されているデザインに類似していないものであること
  • 「応募方法」の各項目をすべて満たしていること

応募資格

誰でも応募可。(プロ、アマチュア、住所、年齢不問。)
※ただし、グループでの応募は不可。

賞金

  • 最優秀賞 1人(賞金10万円)
  • 優秀賞  5人(賞金1万円)

※受賞者が中学生以下の場合は、賞金の代わりに同額の図書カードを進呈。

「りゅうごん」

実は、秩父市にはすでに「りゅうごん」というキャラクターがいます。
こちら。
01_ryugon

(出典:http://www.ecity.ne.jp/yurutamaya/chara.asp?i=4)

なんとオリジナルは石ノ森章太郎先生がデザインされたとのこと。由緒あるゆるキャラですね。

秩父市について

国内に自生するカエデのほとんどが秩父に!

ここ秩父は、その独特な気候、地形、地質などのさまざまな理由で、国内にあるカエデの種類のうち、そのほとんどが自生している日本でも珍しいところ。
(引用:http://morinokatsujin.com/maple/)

kaede-341x232
これは全く知りませんでした。秩父市では林業の活性化に力を入れており、専用のポータルサイトも結構充実しています。
ちちぶ森の活人

日本三大曳山祭の1つ「秩父夜祭」

秩父市の師走名物、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」は、京都祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭の1つに数えられています。江戸時代の寛文年間(1661~72)には祭りが存在していたという記録があり、300年余りの歴史があります。 (引用:http://www.chichibuji.gr.jp/?page_id=6)

屋台が街中を曳き周る迫力あるお祭り!熱気がすごそう・・・!

芝桜


Chichibu Hitsujiyama Park Phlox Hill 1」、京浜にけ – 投稿者の撮影 作、Wikipedia 提供。

春になると羊山公園の芝桜が咲き誇り、観光名所になっています。


 

「りゅうごん」に続く新たなるキャラクター、考えてみませんか!

このコンペの詳細はこちら

 - サービス