DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

大乱闘!「LINEスタンプRT祭り」の報告と反省点

      2014/07/15

LINEスタンプRT祭りとは

  1. 時間を決めて、自分のLINEスタンプ告知ツイートを投稿
  2. 自分のタイムライン上に投稿されている他のLINEスタンプ告知ツイートをひたすらRT

以上を行うことで、告知ツイートをいつもより効率よく拡散させることができるのではという考えから始めた企画です。

スポンサーリンク

コトの発端

きっかけは@vinez3105さんとのこのやりとり。

@vinez3105さんはこのツイートの前に

という拡散希望の告知ツイートを行ったのですが、

反応がいまいちだったとのこと。

そこで考えたのが、

  1. RTされやすい時間帯と、そうでない時間帯があるんじゃないか
  2. みんなで予定を合わせれば効率よくRTされるのでは

ということ。

まず、1.についてですが、こちらはあっさりと答えが見つかりました。

「ツイートに効果的な時間帯は?Twitter(ツイッター)ユーザーの利用動向調査」によると、最もRTされやすい時間帯は21時〜1時、曜日で言うと土曜日と日曜日、ということが報告されていました。

2.については、とりあえずやってみないと分からなかったので、とりあえず開催日時を告知してできるだけ多くの人に呼びかけを行いました。

結果

7/13(日)0:00に「第1回LINEスタンプRT祭り」開催。

POP_RT01

結果、今まで経験したことがないくらいの通知が!

私自身もRTしまくっていたので、そのときのスクリーンショットを撮り忘れてしまったのですが、途中でiPhoneが発熱して処理が遅くなる程でした。 そんな状態が20分、もう親指がプルプルするくらい。そんな中、私含め祭り参加者が気づいたのが「・・・これいつ終わるんだ?」ということ。そうです、なんとなく自然消滅するかなと軽い考えでいたのですが、いつになっても終わる気配なし。 そこで、開始30分後に終了のツイートを投稿し、静かに収束していきました。

私としては、予想外の展開。地味なイベントとして第1回を終えて、もっとプロモーションを工夫して第2回を企画しようなんて思っていました。まさかこんなに反響があるとは・・・。

以下、みなさんのツイートの抜粋。 


ハッシュタグ数発生数はこんな感じでした。体感的にはもう少したくさんあったような気がしますが。
chart

反省点

私自身軽い気持ちで企画してしまったので、以下のリスクを全く考えていませんでした。

  • 自分のTLをRTで埋め尽くされてしまい不満を感じる方がいること
  • 終了時刻の設定がないとエンドレスに祭りが続いていく

色々と調べたところ、Twitterお祭りあれこれ。というページに今回のようなRT祭りを行う際の注意点や参加方法について詳しく書かれていました。これを最初に読んでおけばよかった・・・。
次回開催については少し時間を置こうと思いますが、投稿をリプライのみにして自分のフォロワーさんに不快な思いをさせないように配慮した内容にしたいと考えています。

なので、是非次回もお楽しみに!

こちらの記事もおすすめ

・ぼくらのLINEスタンプ販促計画!とりあえず始動

・僕らのLINEスタンプ販促計画Vol.02 動画を使ったプロモーション

・LINEクリエイターズマーケットの売れ筋スタンプを分析してみた

 - その他, サービス