DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

『集え、ゆるキャラ職人!多古町マスコットキャラクターコンペ!』

   

ゆるキャラ作れる人、必見

千葉県多古町で、マスコットキャラクターのデザインを募集しています。


yumechara_topslide2

締め切りは5月7日(水)まで!

募集規定

  • 多古町の魅力を幅広くPRすることができるマスコットキャラクターで、町の活性化にふさわしいもの。
  • デザインはフルカラー(画材は問いません)、平面画像(3D、立体は不可)とし、白黒印刷でも耐えうるよう考慮したものとする。
  • 応募作品は応募者が創作した未発表作品とし、以下の項目をすべて満たすものに限る。
  • 第三者が著作権を有する著作物等を使用していないもの。
  • 第三者の権利を侵害していないもの。
  • 他の作品と同一または類似していないもの。
  • 他のコンテストに応募されていないもの。
  • 公序良俗その他法令に反していないもの。
  • 未成年者は親権者の同意を得た上で応募する(未成年者の応募は、親権者の同意があったものとみなします)。
  • これらの条件に違反していたことが判明した場合、入賞は無効となり、賞金を返還いただきます。

※マスコットキャラクターの愛称は、別途一般公募いたします。

多古町はこんな街

takodata

(引用:http://www.town.tako.chiba.jp/youkoso/mati.html)

面積:72,68km2
人口:15,776人(平成24年4月1日現在)
世帯数:5,490世帯
地勢:
北総大地の東側に位置し、東西約14,5km南北約11,5kmで面積は県内町村の中で2番目の広さです。
町中央部を南北に流れる栗山川の流域は、低地で水田地帯が広がり多古米の産地となっています。
北部及び東部は台地が広がり畑地帯を囲むように山林が緩傾斜面となっています。

特産物「多古米」

mai2

(引用:http://www.town.tako.chiba.jp/azidokoro/mai.html)

「おいしいお米は市場に出回らない。」という話しをよく聞きますが、みなさんは「多古米」をご存じですか?
多古町産の米は良質で、古くは江戸時代からその味の良さが評判となっています。
県内50町村のうち、2番目に広い72,68km² の面積を有する多古町では、石川県に次いで全国2番目(明治34~43年)に田んぼの耕地整理が行われました。
また、多古米が作られる土壌もミネラル分が多い粘土質で、米作りには適地です。
この多古町の農業に対する熱意と、栗山川にはぐくまれた豊かな大地が融合して生み出されたのが多古米です。

公式サイト
「多古町マスコットキャラクターデザイン大募集」
http://www.town.tako.chiba.jp/_topics/yumechara.html

 - サービス