DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

『1年に1回の「自分の棚卸し」!自分に聞きたい10のこと』

      2014/04/22

1年に1回の「自分の棚卸し」

a0001_017593

ある先輩に言われて頭に残っている一言が、「1年に1回、自分の棚卸しをすること」。
1年に1回、自分が取り組んできた仕事や人間関係など、すべてひっくるめて思い返してみることです。

スポンサードリンク


以下は「自分の棚卸し」をするための10項目。過去1年の自分に対して、それぞれ聞いてみてください。

1.会社のやりたいことと、自分のやりたいことは一致しているか

どんなに自分がやりたいことをやっていても、会社の進む道と反れてしまったらキツイですよね。

2.1年前の自分と飲み会に行ったら、まずはじめに何を話すか。

ちょっと抽象的ですが、1年前の自分にまず最初に話したいことが、今年の「メイントピックス」であることは間違いありません。

3.この1年で得たスキル・知識

これは具体的です。あるいは、身につけた視点や思考でもいいかもしれません。

4.今、一番興味があることは何?

趣味でも仕事でもなんでもOK。

5.サザエさんシンドローム(ブルーマンデー)チェック

「明日会社に行きたくない・・・」と思ってませんか?
(ちなみに対策はこちら→「会社に行きたくないっ…!ブルーマンデーに打ち克つ方法」

6.何のために働いてるのか

ざっくりしてしまいましたが、要するに「何にやりがいを感じているか」ということ。
「やりたいこと」だから?「お金」が欲しいから?周りから「認められたい」から?

7.健康状態の変化

自分の体重や健康状態に変化はありましたか?

8.人間関係の変化

自分の家族・友人・恋人との関係に何か変化はありましたか。

9.やりたいけどできないこと

今やりたいけど、できないことはありますか?あるとすれば、なぜできないと思いますか。

10.今までの1年間に点数をつけるなら

上の9項目について、いろいろ考えてみて採点してみてください。

いかがでしたか。もうすぐ「5月病」のシーズンに突入するわけですが、これを逆に利用して「自分の棚卸し」としてみるのも良いかもしれません笑

<関連本>

 - HACK