DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

『「強いチームはオフィスを捨てる」 これからの働き方』

   

最近読んだ本の紹介です。

スポンサードリンク

どこにいても世界中の人と簡単にコミュニケーションできるのに、なぜオフィスが必要?人生の大切な時間を通勤に費やすのはナンセンス!優秀な人材と一緒に働きたければ、物理的距離なんて関係ない!前作『小さなチーム、大きな仕事』で圧倒的な支持を集めたカリスマ経営者たちが、今回取り上げたのは「リモートワーク」。世界に散らばる36人の社員を率いて、数百万人ものユーザーにふさわしい働き方を伝授する。会社や組織にまつわる固定観念が、根底からくつがえる!

本書を読むと、いかに毎日自分が本来すべきでないことに時間を割かれているかよくわかります。
電話や来客の対応、無駄に長い会議やミーティング。
ネットワークを通じていつでもどこでも繋がれる現在、このような従来のワークスタイルは見直されていくべきなのかもしれません。

なぜ、乗りたくもない満員電車に乗って毎日9時に間に合うように出勤して、
さっさと帰りたいのに残業ばかりしなければならないのか。
なぜ、いちいち上司の承認を待って行動しなければならないのか。

普段、当たり前すぎて「仕方がないこと」と思っている人も、
一度その「仕方がないこと」を是非見直してみてください。

そもそも、毎日同じ場所に通い詰めて、その反復行動の中で良いアイデアを考えろ、なんて無理があります。
「だいたいアイデアはオフィス以外で思いつきますよね」
と言うセリフもよく聞きますが、
だったら、なおさら「オフィス」ってなんなんだ?w
と。

「そうはいっても、顔を合わせないとコミュニケーションが成り立たない」と
いう声もあるかと思いますが、そういった疑問や、リモートワークに対する不安にも本書は答えてくれています。

いまだに「手書き」に重きを置いてFAXをメインで使いこなしている日本の企業に、
このワークスタイルがすぐに浸透していくとは到底思えませんが、
今後これが「当たり前」になっていき、著者の言うように「オフィスが過去になるとき」
が来るのかもしれません。

 - HACK