DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

『漫画「ルサンチマン」が現実になる?オキュラスリフトが作り出すもう一つの世界』

      2014/04/16

先日、Facebookが買収を発表したことで話題になったオキュラスリフト。
(まとめ記事→さらば現実!VRヘッドセット『オキュラスリフト(Oculus Rift)』がすごそう

  • ジャイロセンサーと加速度センサーにより、リアルの動きとVR空間内の視野のズレがほとんどない
  • 視野が110°と、従来のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の3~4倍の視野
  • $300という激安な価格

というのが注目を集めているポイントだと思います。
先ほどのまとめサイトでも、いろいろな動画が紹介されていますが、
私が「スゲー!」と思ったのはこちら。

スポンサードリンク



これすごいです。超高解像度の3Dスキャンしたヌードモデルをオキュラスリフトで見ているんですが、
クオリティ高すぎです。
2:32頃にレンダリングの環境が室内から屋外になるんですが、影の落とし方や皮膚の色の変わり方まで本当に
細部までよく作られています。

感触や、匂いなどが加わっていき本体が軽量化すればもっとリアリティを増していくことだと思います。
先ほど取り上げた動画なんか見ていると、漫画『ルサンチマン』のように、3D美少女ゲームが登場する日も近いのかもしれません。

2015年。印刷工場に勤める坂本拓郎は、今までずっとパッとしない人生を送ってきた。そんなある日、旧友の越後からギャルゲー(美少女ゲーム)を勧められるが、「現実の女が大事」と言って一度は踏みとどまる。だが、その後も彼が女に相手にされることは全くなく、30歳の誕生日、ついに大金をはたいてギャルゲー道具一式を購入する。

 - サービス