DESIGNHACK(デザインハック)

在宅ワーク・デザイン・DIY・フリーランスデザイナー系の記事を扱うブログメディア

『春が待ち遠しい!「さくら」ビール?!』

   

まだまだ寒い日が続いていますが、これを飲めば一気に春を感じられそうです。
なんと、本物の桜の花びらと葉を使用したその名も「さくら」ビール!

10732-1-20130205001310
(http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/sakura/)

長野県伊那市高遠の桜の花・桜の葉を使った桜餅風味のビールです。長野県伊那市高遠の桜は「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれています。通常、ビールは大麦麦芽を使用しますが、このビールには小麦麦芽を主原料に使用。小麦は大麦よりもタンパク質が多いため、柔らかく優しい口当たり。ビールの苦味の基になるホップの使用は抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付けをしています。(使用しているのは桜茶などにも使われる食用のもの)

発売は2月27日で、現在予約販売中!。

この時期になると、食品業界を中心に「さくら」商品が出てきますよね。
今回ご紹介した「さくら」ビールの他にも、スタバから『SAKURAシリーズ』、ハーゲンダッツからは『30th アニバーサリー サクラ』など、各社様々な季節限定品をリリースしています。

こうして考えると、日本は正月から始まり節分(豆まき・恵方巻き←新キャラ)、バレンタインデー、ひなまつり、ホワイトデー、お花見、フレッシャーズフェア……と1月から4月まででこんなにイベントがあるんですね。
最近追加された「恵方巻き」もきちんと定着しました。というか、これを売り込んだ人ってすげぇなと思います。
普段太巻き寿司なんて食べないのに、イベントになると食べたくなっちゃうという。そういえば「ハロウィン」も最近きちんとイベントに定着しました。そう考えると、この時期の「さくら」関係のイベントにもまだまだ可能性があるように思えます。
例えば街コンの派生系「お花見コン」とか徐々に広まっていますし、「さくら」を使って新しい繋がりを生む仕組みにも活用きそうです。

ちなみに、
今年の東京の桜開花予想は・・・3/25です!(さくら開花予想2014より)

もう少し、あと1ヶ月くらいの辛抱ですね。「さくら」ビールを飲んで一足早く春を感じてみてはいかがでしょうか。

ふんわり桜餅風味ビール 【 さくら <季節限定>3本セット/送料込 】 桜の花・桜の葉使用
元祖地ビール屋サンクトガーレン
売り上げランキング: 23,193

 - サービス